乾燥肌や敏感肌の人は必見!日焼け止めを選ぶ時の注意点

冬の間など、一時的な乾燥肌ではなく、1年中乾燥肌が続いているような敏感肌の人は、日焼け止めにも注意が必要だという事をご存知でしょうか

乾燥肌の方でなくとも、日焼けすると肌にダメージがあるという事は知られていますが、乾燥肌の方は特に日焼けしない方が良いです。
その為、紫外線が強い季節には日焼け止めの使用が必須になります。

 

日焼けというのは紫外線によってお肌が軽いやけどを起こし、そのせいで変色している状態。
お肌にとって良くないばかりかバリヤ機能も低下するため乾燥肌や敏感肌の人は避けるべきなんですね。

 

しかし、どんな日焼け止めでも良いという訳ではありません。
日焼け止めを選ぶときは、何を基準に選びますか?値段もですが、SPFなどの高さで購入される方も多いのではないでしょうか?

 

SPFとは日焼け止めお効果を表す数値

この、SPFは日焼け止めの効果を表す数値として有名ですが、日焼け止め効果が高い程、乾燥肌の方に必要な保湿成分等が含まれない事も多くなるのです。

乾燥肌の方で、日焼け止めを使用した後、肌の乾燥状態が更にひどくなったという人もいるのではないでしょうか?
これは、使用した日焼け止めに保湿成分等が含まれず、肌が乾燥状態になってしまったことを意味します。

 

つまり、乾燥肌の方は、例えSPFの数値は多少低くても保湿成分や美容成分が含まれている日焼け止めを使用した方が良いという事なのです。

 

おすすめの日焼け止めは、クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプです。
日焼け止めを塗る前にきちんと保湿すると、乾燥肌の状態が改善する事もありますので、ひと手間かけることを心がけましょう。

 

肌に優しい化粧品|安心して使える化粧品をランキングトップページへ戻る