無添加化粧品について

無添加化粧品と聞くと、肌に刺激が少ない、肌に優しいというイメージがついてしまっています。
しかし、人によっては、無添加化粧品でも肌トラブルになってしまう事があるのです。
無添加化粧品とは、どのような化粧品のことを言うのでしょうか?

 

 

無添加化粧品は添加物が一切入っていないということではない

まず、無添加化粧品は、添加物が一切入っていないという意味の無添加ではないということを理解しましょう。

 

実は、化粧品の成分の中には表示しなければならないと決まっている表示指定成分というのがあります。
この、表示指定成分とは、体質などによって、アレルギーや肌トラブルを起こす可能性がある成分です。

 

薬事法で成分表示が義務付けられた成分ですが102種類あります。
この102種類の表示指定成分が一切入っていない化粧品を無添加化粧品というのです。

 

確かに、肌トラブルが起こる様な表示指定成分は無添加かもしれませんが、102種類以外の成分でも添加物はたくさんあります。
表示指定成分以外の添加物は含まれている可能性もありますので、敏感肌の方などは、無添加化粧品だからと安心しきってはいけません。
配合成分を確認したうえで、自分の肌で確かめてから購入してください。

 

オーガニック化粧品は農薬不使用という意味。しかし添加物は入っている

無添加化粧品と似たようなものでオーガニック化粧品というものがありますが、これは、原材料に農薬などを使っていないものです。

 

オーガニックでも添加物が結構入っているものがあるので、こちらも注意しましょう。

 

健康と安全は自分で選ぶ時代です。オーガニックとか無添加とか安全と安心のワードは心の安定につながります。
しかし、自分で試してみたり使ってみて効果があれば使ってみるという判断も必要なので、
どこにこれだという判断基準を置くかが決め手となるのではないでしょうか。

 

肌に優しい化粧品|安心して使える化粧品をランキングトップページへ戻る